ICLの検査を受けたができませんと言われた話

美容目的で眼科に行ったらICLもレーシックも断られた話

こんにちは、やおねです。
ICLって知っていますか?目の中にレンズを入れて視力を回復する手術のことです。
この記事では私がICLを受けたくて眼科に検査へ行った際の体験をお話しいたします。

<この記事を読んで欲しい人>
・視力はそこそこいいけど、ICLやレーシックでもっと良くしたい
・日常に支障はないがメガネをかけないとテレビが見れない
・視力の向上に興味がある
・目を凝らして眉間にシワができるのを防ぎたい

目次

<視力回復を検討しはじめたキッカケ>

私の視力は右が0.7、左が0.5くらいで、やや乱視が入っています。
日常生活でメガネがないと困るのは車の運転をする時で、普段はメガネ・コンタクトレンズをしなくても生活ができます。
ただ、家のリビングでテレビを見るときはソファからの距離でメガネをかけないと字幕が読めません。

ある時私は自分の右の眉頭にシワができていることに気がつきました。
それは眉をひそめた時に現れる眉間のシワで、遠くを見るときには目を凝らしてしまい、このシワがどんどん刻まれていたようです。
まだ30代前半でほうれい線や目尻のシワなどの悩みもなく過ごしてきたのですが、ついにここにきて「シワ」という問題が出てきました。

私は思いました。
「これは視力が悪く目を凝らしてしまうのが原因だ。視力がよくなって目を凝らさなくなればシワが消えるんじゃないか」

いや、ボトックスとかもあるじゃんと思うかもしれませんが、普段のメガネ・コンタクトレンズからも解放されるなら一石二鳥だとも思ったので、美容皮膚科ではなくICLのできる眼科を検索し、検診の予約を申し込みました。

<検査当日>

その日は会社を早退して新宿にある眼科へ。

新宿に慣れない私は駅からクリニックになかなか辿り着けず10分ほど遅れて受付してくれたものの、元々問診票記入のため早めに予約されていたのか問題なかったようでした。

問診票記入後は8種類くらいの検査を行いました。
機械を使ってひたすら眼をスキャン、撮影、測定。淡々と検査が進み、最後にいつも健康診断でやるような視力検査を行います。
ここまで大体20〜30分くらいが経過していたでしょうか。

検査が一通り終わったら瞳孔を開く点眼薬をさします。待合室で待機しつつ、数分おきにお医者さんが点眼薬をさしに来ます。
どうもこの点眼薬は瞳孔を開く薬らしく、しばらくは視力が通常から狂ってしまうので当日の車の運転は控えたほうが良いと案内されていました。

4回目をさしたらお医者さんの診察室に呼ばれましが、そこで言われたのは悲しい現実でした。

・ICLは0.5単位でしか調整が出来ない。あなたの目は元々の視力が良い方なので合うレンズがない。
・レーシックをするにもあなたの角膜は形が悪いのでできない。

レーシックもできないだと・・・・

結論は、メガネとコンタクト、もしくは寝る時の矯正コンタクトで様子をみてください、とのことでした。
視力が2.0くらいまで回復して乱視も良くならないかと期待していたのですが残念です。世の中そう甘くないですね、、、

ということで後日新しいカラコンを爆買いしました。(1年分くらい)
そのうちかわいいメガネも新調しちゃおうかな。メガネとカラコンの購入するコストが手術でなくなればいいのになとも思っていたので悲しい。

寝る時の視力矯正するコンタクトもいつかお店に相談に行こうと思います。

<私がICLで実現したかったこと>
・視力向上、常にクリアな世界
・眉間のシワ予防
・メガネ・コンタクト代の節約
・コンタクトの発注・保管の手間が省ける
・視力の不安がないのでいつでも運転できるようになる
・テレビ・映画の字幕の文字がダブらず読めるようになる

<まとめ>

いかがでしたか?

メガネ・コンタクトなしの生活にはとっても憧れますよね。
程々の視力で手術するまでもないのは幸か不幸か、、、

この記事が誰かの参考になりますように。
ならね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯金のできない30代会社員
数度の挫折を経てブログ運営を模索中
資格試験挑戦中!

目次